MENU

小児歯科

子供の歯はとてもデリケート

乳歯からお口の健康を守り強い歯を育てましょう。

当院では幼児期からの歯並びの治療や虫歯の予防に力を入れています。

幼児(3歳~4歳)の頃には乳歯だけで永久歯は生えていませんが顎の中では永久歯が形成されています。

レントゲン撮影と口腔内の状態を確認することで、乳歯が生え揃う頃から継続的な虫歯予防と、かみ合わせを予測し治療をすることが出来ます。

健全な生え変わりをサポートしながら健康な永久歯へとつなげます。

乳歯のうちからのケアって必要なの?

乳歯は虫歯になってもどうせ抜けて生え変わるんだし…と思われる方いらっいませんか?

乳歯の虫歯が多いお子さんは永久歯になっても虫歯ができやすく、
乳歯の時に歯が健康なお子さんは、永久歯になっても虫歯ができにくい傾向にあります。

小さな頃からお口の健康を守っていくためにも
定期的プロのケアをしっかりと受けていくことが大切です。

子供の歯の特徴
  • 虫歯が進みやすい

    乳歯は軟らかく、エナメル質が大人の半分程しかないため虫歯の進行が早いという特徴があります。

    また生えたばかりの永久歯も歯の質がしっかりと出来上がっていないので、虫歯ができやすく進みやすいので注意が必要です。

  • 虫歯の痛みを感じにくい
    子供の歯の虫歯はお子さんが痛みを訴えないということがよくあります。 神経ギリギリになっても痛みを感じないお子様が多く、発見が遅れがちになります。
  • 虫歯になってもわかりにくい
    子供の虫歯は、急速に進む「急性う蝕」という色のついていないタイプのものが多く 見た目には虫歯と判断がつきにくいので気づくことが難しいです。
定期的に歯医者で検診を受けることでお子様の歯を守りましょう。
乳歯の時お口の状態が悪いと…
治療内容
お口の健康・歯を守るケアを習慣に!

小さな頃から歯医者で歯磨きの練習をしたり、フッ素のケアをしていくことで、
お子様自身も歯を守るケアをすることが当たり前という意識を持つようになり、
この意識がとても重要になってきます。

当院では、お子様が自分から行きたくなる歯科医院を目指し、
楽しみながら治療を受けられる様々な工夫をしております。

他の歯医者さんでは治療がうまくいかなかったお子様や、
初めてのお子様でもぜひお気軽にご来院ください。

お子さんの噛み合わせ反対になっていませんか?

日本矯正歯科学会では、最近の研究で、乳歯の歯列で反対咬合(受け口)だった子供が永久歯に生え変わった時に自然に治癒したケースはたったの6%だったことが明らかになりました。

つまり、放っておいたり、経過を見てたりしても94%の反対咬合は治らないということです。このことにより、治療開始は早ければ早い(3~7歳)ほど良いということになります。

歯列育形成では、早い段階から反対咬合への治療を行っています。なるべく、早期に、是非ご相談ください

  • 歯列矯正中のお友達です。
    みんな楽しく
    治療しています。
「幼児矯正」について詳しく
〒040-0012 函館市時任町18-1
0138-51-8241
診療時間(さいとう歯科診療室)
時間
9:00
-12:30
×
14:00
-18:00
×
休診日 : 日曜・月曜・祝日
△…土曜は17:00まで
当院外での診療